すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

南仏観光

フランス土産第一弾

一時帰国を決めてから、何を買えばいいのかかなり迷いました。定番のお土産(マルセイユ石鹸やモノプリのエコバッグなど)はこの2年間で家族のお誕生日やクリスマスに送ったので、同僚や友人に色々話を聞いて、さらにマルセイユに行った時にお土産屋さんのお…

ラベンダー畑は7月に行くこと

さて、プロヴァンス生活もそろそろ2年経とうとしています。しかしまぁ、フランスらしい景色などなかなかお目にかかれません。ロクシタンの袋の景色を何度夢見たことか!そこで、我が家のバルコニーのラベンダーは花をつけ始めたので、ドエムッシュに頼み込ん…

すみれの石鹸

近場にすみれの名産地がある幸せを噛み締めながら過ごす今日この頃です。一度お土産ですみれの紅茶を実家に送りましたが、トイレの芳香剤レベルで香るね、という一見ネガティブなコメントをいただいたので、たぶん他人様へのお土産になることはないでしょう…

すみれの紅茶

滞在許可証を無事に受け取った帰り、一人で頑張ったね、とドエムッシュがトゥレットシュルルーに連れて行ってくれました。もうこれで何度目だろう。色んな鷲ノ巣村に行ったけれど、私は多分ここが一番好きです。今日から平日も1ヶ月ロックダウンなのでしばら…

ミモザの季節です

週末ロックダウンで今は最低限の外出しかできないので、ハイキングなどもってのほかですが、幸運なことに私たちはミモザが満開の時期にお天気にも恵まれ、小一時間ほどの山道をぶらぶらとしてきました。 最初は南仏にありがちな高級住宅街へと迷い込んで、大…

ミモザの季節です

南仏も2年目に突入して、今年はコロナとの共存にもある意味慣れ、生活パターンが決まりつつあります。世の中はガラッと様変わりしましたが、それでもミモザの季節は例年通りに来ました。 去年はこの時期は鷲ノ巣村行脚でしたが、今年は鷲ノ巣村やその近くで…

モナコ小旅行記

バカンス期間もそろそろ終わろうとしています。 私たちは遠出する予定は元々無いので、近場を観光して、地元愛を深める夏にすることにしました。モナコも高速を使うとあっという間に着いてしまう距離なので、コロナに警戒しつつ行って参りました。土地が高い…

ドエムッシュ日本通発揮する

先日少し足を伸ばしてお隣のモナコに行って参りました。高速道路を使うとあっという間にモナコの距離なので、住む場所としての立地はとても便利です。例年より観光客も少ないのか、程よい人口密度。また別の記事で詳しく書きますが、今回はモナコの海沿いに…

すみれのアイスクリーム

私はTourrettes Sur Loup(トゥレットシュルルー)がかなり気に入っています。毎週末でも訪れたいくらいです。ドエムッシュにどこに行きたいか聞かれると、「トゥレットシュルルー」と答えて却下されています。それなら最初から聞くな!と思いますけどね。 し…

ハイジの世界にありそうな村

今回はGreolieres(グレオリエール)という街について紹介します。南フランスはアルプスからも遠くなく、郊外に出ると高い山がそびえています。おんじがお買い物に出向きそうな村です。 まだ国境が解放されていない時に行ってきました。山の中にぽつんと存在…

南仏の城塞街

今日はAntibes(アンティーブ)について紹介します。アンティーブはニースとカンヌの間に位置する小さな町です。旧市街はニースやカンヌに比べてこじんまりしていますが、小さな石造のお家や花の組み合わせが、ザ・南仏!という感じで、とても可愛らしいです。…

街中の鷲ノ巣村

今回は街中にある鷲ノ巣村について紹介します。鷲ノ巣村は人里離れた丘の上や山の一角に存在していますが、時々鷲ノ巣村の周りに街ができ栄えている場所もあります。 Villeneuve Loubet(ヴィルヌーヴ・ルベ)と言う場所です。山頂に見える、トリコロールが…

エズ村 〜夏〜

やはり観光客のいない鷲ノ巣村は最高に綺麗です。バカンスが始まり、これから南フランスも人でごった返すのが目に見えています。移民の手続きで出かけたついでに、人足が元に戻る前に、とエズに行ってきました。これで2回目ですが、夏は日も長く、クリスマス…

サン・ポール・ド・ヴァンス

今日は気分転換に、鷲ノ巣村に行ってきました。以前も行ったサン・ポール・ド・ヴァンスです。クリスマスのあたりは観光客で賑わっていました。他国から来るお金持ちが、美術作品を買って行くのが定番の鷲ノ巣村。有名な作家、芸術家を数多く輩出しています…

久しぶりの街ブラ

最近突然の暴風雨などで、ロックダウンが解除されてからも中々遠出出来ずにいました。色々と家の中のことや今後の生活についての準備等が捗ったので良し!ということにしましょう。 今日は久しぶりの快晴で、満場一致で外出しようということになり、Tèoule S…

人里離れた小さな村

第63回 コロナ飯 - すみれの部屋 こちらに書きましたが、今日は予想以上の人混みだったため、買い物を断念しました。何軒か園芸店を廻ったのですが、どこもすごい人でした。ハーブや花々を求めて、市街から離れたところまで行ったのですが、矢張りみなさんも…

カンヌ散策

フランスの患者数の状況はこんな感じです。 出典 https://www.google.co.jp/amp/s/www.eficiens.com/coronavirus-statistiques/%3famp 私たちの住んでいる地方は、もうすぐそこがイタリアなのですが、北の人が少ない地域の方が何故か感染者数が多い不思議。 …

セレブが住む崖の上

わざわざそんな不便なところに家を買わなくても…と思うような場所にお金持ちが住んでいる時、あーこの人たちは住む世界が違うんだなと改めて認識させられます。 今回の鷹巣村(鷲ノ巣村)も例外ではありません。 周りに何もない、ギャラリーとセレブの町に行…

日本人の本命エズ村

ここに住んでみて思うのは、コートダジュールと言えばエズ!という人はあまりいないということです。 崖の上に町がある光景はあまり珍しいものではないし、他にも有名な場所がいくつもあるからでしょうか。 冬は庭園が16:30に閉まるそうで、午後に用事を足し…

ルノアール晩年の家

南フランスは1年を通して温暖で過ごしやすい場所のせいか、有名な画家達が晩年を過ごしたり、療養のために住んでいたりしたそうです。 ルノアールが晩年に過ごした家も南フランスにあり、彼の作品や弟子達の作品が彼の思い出達と一緒に展示されています。 ル…

ほぼ1年中晴れてる村

珍しくマスクが売り切れのフランス。 入荷待ちか相当高いマスクをするかの二択を迫られています。 今回は久しぶりの鷹巣村(鷲ノ巣村)について。どっちの名称で呼べばいいのかまだ分かりません。。 最近鷹巣村(鷲ノ巣村)に行ってなかったので、久々の訪問…

南仏的日曜日の過ごし方

日曜日はスーパーは午前中で終わり、雑貨屋さんは終日休業ですが、終日営業しているレストランが結構あります。 日曜日は出かけがてらレストランに行くことも多いです。 そんな折、中華料理店に行ったら知らないおじさんに急に話しかけられました。 突然のフ…

再び崖の上へ

数えきれないほど鷹巣村(鷲ノ巣村)が、点在する南仏ですが、観光地化している場所はより見所があって面白いです。 今回は数々の有名な芸術家が拠点を置いていた所を紹介します。 Saint Paul de Vince (サンポールドヴァンス) という場所です。 観光客が多…

丘の上のビオット

ハマってしまいました。 鷹巣村・鷲の巣村。 というわけでまた行ってきました。 今日はBiot (ビオット)の町について。 人口は9000人ちょっとの小さい町で、陶器やガラスが有名です。 やはりここも15世紀には町として機能していたようです。 立地は他の鷹巣村…

Tourrettes Sur Loup のお土産紹介

私はお買い物が大好きです。 Tourrettes Sur Loupでもお買い物を… トゥレット・シュル・ルーの記事↓ 坂の上の…? - すみれの部屋 特にお土産となると、ついつい買いすぎてしまいます。 中々会えない実家やおじいちゃま達に食べて欲しいと思うと、つい、同じ…

坂の上の…?

雲ではありません。(司馬遼太郎先生すみません) 今回も鷹巣村(鷲の巣村)をご紹介します。 Tourettes Sur Loup (トゥレット・シュル・ルー)という場所です。 人口約2,400人強の村で、15世紀に建てられた教会などが残っています。 ルー(Loup)川の上のトゥレ…

崖の上の…?

※ 赤くてかわいい魚と人間ハーフの話ではありません。 コートダジュール周辺を生活拠点としていると ドライブ中によく崖の上にお城のようなものにお目にかかります。 鷹巣村(たかのすむら)と呼ばれているようです。 南フランスではよくある風景で、崖の上の…