すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

娘が生き方の基準

どうやら、世の中には毒親と呼ばれる親が少なからずいるようですが、私は母が毒親だとは思いません。どちらかと言うと猛毒です。ドラミちゃんは母と一緒にいると心臓の鼓動が速くなるようで、実家に帰省するとなってからは口内炎が出来たとか、血圧が上がったとかで、結構もう体にガタが来ています。

以前も話した通り、母の髪色は他の人と比べると少し茶色ですが、そこまで明るくはありません。しかし、白髪染めで明るめのカラーを使っているので、最近は赤茶色の髪を維持しています。髪を染めているという記憶がないようで、「ママ髪の毛は染めなくても赤いんだ!」と年甲斐もなくぶりっ子をしている母を見ると絶望感に苛まれる娘です。どんどん皺々になる顔でぶりっ子をされても…年相応に綺麗なお母さんたちが羨ましい。口を開くと髪の話か研究の話しかしないようです。

f:id:deb-log:20210611224315j:image

さて、そんな母ですが、先日ドラミちゃんが帰省した時にもドラミちゃんの髪に興味を示したようです。ドラミちゃんがプリンになると、母は「あれ、元々の髪は黒いんだ!」と毎回言ってくるので、実家に帰る前には髪の毛を律儀に染めるドラミちゃんです。

今回は赤に染めていったドラミちゃん。食卓を囲んでいた時、突然母がドラミちゃんの頭皮を弄ってきたようです。そして「あっ、頭皮薄くなってきてるよ」とドラミちゃんに言ってきたそうです。ドラミちゃんの髪が薄くなっているわけはないのですが、母は自分よりも髪の毛を明るくして欲しくないため、そうやって言ってドラミちゃんを黒髪に戻そうとしているのだと思います。家族の中で一番髪を明るくいたいという母の気持ちを知っているので、ドラミちゃんを無理矢理黒髪にしたい気持ちが見え隠れして、嫌悪感を胸に抱えてしまうのでした。

そんな女の醜い部分を濃縮した母は、家族の中で一番髪が長くないと嫌だというワガママさんでもあります。ヘアドネーションに向けて私が髪を伸ばしていると、髪を触りながら「いつ髪切るのー?」と聞いてきますが、それも、家族の中で一番長い髪でいたいという母の気持ちが見え隠れして、反吐が出そうになってしまうのでした。

ドラミちゃんはというと、今までは特に母からライバル視をされたことはありませんでした。ただ、最近は博士課程に進学したドラミちゃんにコンプレックスを抱くようになった母から、修士論文書いたの見せてと言われたり、父がドラミちゃんが共著で参加した論文を印刷して食卓に持ち込んだり、ドラミちゃんの学歴を羨ましく、妬ましく思う両親の圧にやられています。人のことを羨ましく思うなんて相手の苦労を知らない奴のやることなんですけどね。

そして最近は、フランス語がままならない私でさえこちらで働いてる私をみて、ずっと海外で働きたがっていた母は羨ましくなったようで、「ママもそっちで働けないかな」と相談してきます。ちゃんと正規雇用で退職金を満額もらうのがいいと思うのですが、海外への憧れを捨てきれず、時々塾で10代の子の進路相談を受けている気分になります。

母は自身がやりたかったことを、半ば強制的に娘たちにやらせたことで、私たちが母がやりたかったことに近い進路を歩むことになり、逆にコンプレックスをこじらせてしまったのでした。還暦を目の前にしても、娘たちを常に観察して、娘がこれをやるなら私も同じことをやりたい、娘よりも優れていたい、という気持ちを捨てきれない母。お互い他人なんだから、生き様は違って当たり前なのですが、いつまでもつまらないことで張り合おうとしてくる母にはほとほと疲れました。

そのうちドラミちゃんや私がダイエットと称して、美容外科脂肪吸引やボトックス注射を始めたら、おそらく母も顔にボトックスやヒアルロン酸を打ちまくって顔がパツパツになることでしょう。まあその世界線はそれで面白そうですけどね。

今日の主役も…

さて、先日は父の誕生日があり、またしてもオンライン帰省をしました。毎回性懲りも無くオンライン帰省をしていますが、ほぼ「母の自分語りを聞く会」と化しています。実家ではまともなコミュニケーションは成り立った試しがありませんもので、殊に妹のドラミちゃんは口数少なめです。もちろん今回のオンライン帰省の主役は父ではなく母です。

オンライン帰省の直前にドラミちゃんから連絡が来ました。「母は年齢的にこれ以上の昇進が望めないから、仕事の話はNG」ということでした。プライドの高い母ですから、周りからの賞賛がない、昇進がないというのは堪えたのでしょう。周りとの差別化を図りたいと、どうやら海外での就職を視野に入れ始めた模様です。ということで、私が「お誕生日おめでとう!」と父に話した二言目には「ねぇ、そっちで私の職種で働ける所ある?」との質問が母から飛んできました。面食らった父の顔。誕生会が一気にハローワークに様変わりしたのでした。

f:id:deb-log:20210610090217j:image

ドラミちゃんは父のために帰省をしていましたが、耐えられなくなったのか、キッチンからリビングへそそくさと移動していたようです。そこに父がやって来て、「お願いだからもう仕事の話はやめて」と言って来たそう。ドラミちゃんはうん、と返事をしたものの、肝心の母は、どうやって海外で就職しようか、または、大学院に行こうか、と思案しており、父の誕生日のはずが、就職相談会になっています。私は最後まで勤め上げて、退職金を満額もらうのがいいと思うのですが、どうやら母のプライドはこのまま職場に残るのを許せない模様。まぁ現実との折り合いをつけるのが難しい母のことですから。。しかしまあ、私もドラミちゃんも修士を無事修了、更にドラミちゃんは、博士課程に進学したことで、母も負けたくない、と博士課程へ進学したいようです。そして、私がフランスで就職したことで、母もフランスで就職したい!となっており、それを父の誕生会で話してしまう感じが、いかにも母親らしい。父は諦めて、テーブルの端っこの方で静かにケーキを食べていたのでした。

父の誕生会では、主に母の就職相談、進学相談、そして、仕事に対する価値観を永遠と語る母の話を聞く会でした。

父があまりにかわいそうだったので、寝る前にこっそり、父に電話をかけておめでとうを言いましたが、矢張りさっきのパーティーを引きずっていたせいか、全然嬉しくなさそうで、ある意味忘れられないお祝いとなったようです。

拝啓 お父さま

誕生日おめでとう。これからも長生きして、少しでも長くママと一緒に過ごしてください。あなたが選んだパートナーなのですから、自分の人生に責任をもってくださいね。娘に母を丸投げしようなんてもっての外です。素敵な1年を。

敬具

娘より

元通りの生活に…

今日から武漢肺炎(COVID-19)によるロックダウンは更に緩和され、レストランも全面オープンになります。夜の外出制限は23時から朝の6時まで、そして、図書館など一部のサービス機関では、健康パスポート、passport de santé (パスポート・ドゥ・ソンテ)を導入することになったようです。

先日ワクチンを打ちに行きましたが、フランスでは次のワクチンまで42日間待たないといけません。ということで、私達が自由に生活できるようになるまでには、まだあと少し待たないといけませんが、これはこれで仕方ないですね。

バカンス期間前の仕事に追われ、中々ブログの更新もままならずに来ましたが、これからまたボチボチ再開しますので、時々見にいらしてくださると嬉しいです!

義両親が来る 7

ワクチンの接種が終わり、ドエムッシュのお父さんお母さんが来てからやっと一通り自分の心のメンテナンスが終わったような気がします。別に嫌なことばかりじゃなかったんですけどね。ということで、ドエムッシュの両親が南仏に来た日々を軽く振り返って、私の思い出を供養したいと思います。

南仏の庶民が住むアパルトマンは小さく、我が家も40㎡で、本当の家族以外といると気が狂いそうになる広さをしています。故にドエムッシュの両親はホテルに泊まってもらいました。しかし、ドM母はここで不思議ちゃんを発揮。宿泊3日目から、私たちに「トイレットペーパーをくれ」と言うのです。トイレットペーパー買い占めも1年前の話ですから、貴重なものでも無いし、「はい、どうぞ。」とあげたのですが、その次の日もトイレットペーパーをもらって帰りました。理由を聞くと、ホテルのフロントに頼みたく無いから、とのこと。

嫁 ?!?!?!?!?!?!?!

まあいいです。そんな大した問題じゃないし。しかし、何というか独特の感性。結局合計で4ロールお渡ししました。

f:id:deb-log:20210527080846j:image

それから、私が行動を共にした数少ないもなか日帰り旅行。ドM母がモナコのショッピングモールで、Pomellato(ポメラート)の前で足を止めて色々と指輪を見ていました。

ドM母「このブランド好きなのよねー」

私「そうなの?その指輪も?」

ドM母「これは違うわよ、きっと良いと思うけど」

リング - ジュエリー | ポメラート・オンラインブティック 日本

ということで、私がドM父に「これお母さんのお気に入りらしいよ!」と教えたところ、値段を見て、「買えないことはないけど、要らないでしょ」と決めつけてさっさとブティックを後にしたのでした。

必要だよ!要るンだよ!

私の父ならその中で安いものの1つでも買って母にプレゼントするのに。娘の学費払わないけど。

そんなドM父の振る舞いは、カンヌに行って、ウィンドウショッピングした時のドエムッシュと全く同じリアクションだったのでした。私は洗脳するように、ほしい物リストを毎回ドエムッシュの目の前に晒しているのですが、布切れに高いお金を払ってどうするの、と一蹴されます。その割にドラミちゃんにGUCCIのバッグを買ったときに不満を露わにしたのはドエムッシュでした。不満解消にルイヴィトンでストールと、グッチのドラえもんコラボのお財布買ってあげたのに。。そんなドMの行動は私の閻魔帳にすべて記入してあります。

さて、話は戻りますが、ドエムッシュはお母さんが物欲しそうに指輪を眺めていたのを遠くから見ていたのでした。そしてフランスは5月の最終日曜日は母の日なので、なんと、ポメラートの指輪を秘密裏に母の日のプレゼントとして買ったのでした。兄弟に「カンパしないか?!」と長男として持ちかけ、3/4はドエムッシュ負担、1/8ずつ兄弟に負担を求めたのですが、断られ、私が半額負担することになりました(何故?!)。そんな何十万もするものではありませんけどね。まぁ、今年の私の母の日のプレゼントもドエムッシュ買ってくれたし、文句は言えません。

しかし問題がここで発生。

小旅行先で、私がドM父母のお買い物の後ろでお会計を待っていたら、ドM母が「いいよ!買ってあげる!」とレモンと柚子のジャム(自宅用と、両親に送る用)を買ってくれたのでした。私は金品を親からそんなに与えられずに育ったので、お土産を買ってもらうことなどに慣れていません。すごーく申し訳ない気持ちで「えーすみません、ありがとうございます」とお礼をしました。すると間髪入れずにドエムッシュが「ちゃんとこれはうちのママからのお土産だって手紙に書きなさい」と亭主関白を発揮。久しぶりにかなりイラっとしました。

一方のポメラートの指輪。私が半額負担したにもかかわらず、母の日のカードには「母の日おめでとう。いつもありがとう。ドエムッシュ」と自分の名前だけ書いて購入しているではありませんか!嫁の出る幕ではないので、別にそれはそれで問題はありません。

ただし、ドM母が買ってくれたジャムは、私の両親に誰が買ったか伝えることになっています。一方、ドエムッシュと私が半々で買ったポメラートの指輪に付属するカードには、ドエムッシュの名前しか書かれていないことにひどく矛盾を感じてしまったのでした。

ドエムッシュの両親が帰ってから、ドエムッシュは反省することがありすぎて、禊で辛さ2倍のブルダックポックンミョンを食べていました。が、私の気持ちは全く成仏しません。このブログを書いていたら、色々なことを思い出してまた怒りの第二波がやってきたので、これから安らかに眠るドエムッシュのブランケットを横取りして、震えて眠ってもらおうと思います。

ドエムッシュの両親来訪シリーズ

義両親が来る 1 - すみれの部屋

義両親が来る 2 - すみれの部屋

義両親が来る 3 - すみれの部屋

義両親が来る 4 - すみれの部屋

義両親が来る 5 - すみれの部屋

義両親が来る 6 - すみれの部屋

ワクチンを打ってきました 〜後日談〜

私の医療従事者の友人は、1回目のワクチン接種は腕が痛かっただけと言っていましたが、私も同様に、接種日当日の夜は結構腕が痛くなりました。上腕二頭筋だけに筋肉痛が集中したような、そんな感じ。腕を下ろしている分には問題ないのですが、寝返りを打つと痛かったり、腕を動かすとその部分だけ張っているように感じたりしました。

ワクチン接種後8時間して、少し身体がポカポカしていました。体温測定をしてみると、平熱時と比べて、0.8〜1℃高くなっていました。私は平熱が35℃台なので、そこまで苦しくなかったです。何度か測りましたが、一番高くて36.7℃でした。夜もちゃんと眠ることができました。

f:id:deb-log:20210526182343j:image

人によっては37℃台の微熱が出たり、腕も3日間痛かったりと色々あるようですが、私の場合は接種から一晩経ってからは腕の痛みの悪化もないし、時間が経つにつれて少しずつ良くなっている気がします。接種部位については、ドエムッシュは接種後24時間経った頃には青あざになり、私はほんのり軽い虫刺され程度に赤みが差しました。24時間後も押したり動かしたりすると痛かったです。ワクチン接種から2日経つ頃には動かしても痛くなくなりましたが、押すと痛みがありました。

ワクチンを打とうと思ったきっかけは、近所がお客さんを招き始めたこと、私の居住地がバカンスで賑わう場所であること、フランス人の衛生観念の低下、この3点です。去年の今頃はフランス人もマスクをしてこまめに手を消毒している人がいましたが、今はスーパーでも手を消毒している人を見かけることはなくなりました。3回目のロックダウン明けはマスクをしないで町を歩いている人も少なからずいます。ワクチン接種が拡大したら、ノーマスクに戻るだろうな、と思ったためです。ワクチンを接種した人でも、ウイルスのキャリアになり得る訳で、気をつけないといけないことに変わりありません。ただ、マスクを万能だと信じていたフランス人を知っているので、イマイチこちらの人のワクチンの捉え方を信用できませんでした。そこで、ワクチンの不信感もさることながら、数字でリスクを考えてみることにしました。

集団免疫を獲得うんぬん、という話もありますが、これまでにフランスは国民の10%弱が武漢肺炎(COVID-19)に罹患しています。さらに20%は入院が必要なほど(軽症であっても)だそうです。超軽症の人たちもいますが。つまり、今のままだと、フランスにいる限り、2%の確率で入院するということ。それに対して、ファイザー、ビオンテックのアナフィラキシーの確率は、189万人中21人の0.001%だそうです。未知のウイルスの後遺症と、未知のワクチンによる長期的なリスクは同じくらい怖いと思っていました。そこで、政府や研究所の資料や医療系のウェブサイトを読み漁り、医療マニアの同僚、医師・薬剤師・看護師の知り合いや友人とも話して、とりあえずワクチンを打つことにしました。

未だにワクチンを打ったことが最良の手段だったのか私にはわかりません。色々な情報を見ていても、長期的なリスクについてはまだ分からない、おそらく安全、と言うニュアンスのものを見つけたからです。もしかしたら今後、mRNAワクチンの悪い側面が出てくるかもしれない、それも覚悟で、ワクチンを打ちました。まぁ、個人単位で言えることは、今できるベストは尽くしたつもりです。短期間で承認された不信感を持ちつつもワクチンを打ったんですから。とりあえず私の身に何かがあっても人類の発展にほんのちょっとは貢献できたでしょう。

ワクチンを打っても、私の腕は磁石にならなかったし、5Gにも接続できなかったことだけはこちらに明記しておきます。

ワクチンを打ってきました 〜接種編〜

前回は予約についてブログにしたためましたが、今回は接種会場での様子、ワクチン接種の感想について記憶が風化しないうちに書こうと思います。私たちは、確実にファイザーがあるところに行ってきました。未知のウイルス、未知のワクチン、フランス人の行動様式を総合して考えて、未知のワクチン接種をとることにしたのでした。

 

会場入り

そんな劇場に行くような高尚なものではありません。壮絶な駐車場争奪戦でやっと見つかって、予約時間5分遅れで行きましたが、まだ30分前に予約した人たちも待たされているという状況。到着15〜20分でやっと呼ばれました。

f:id:deb-log:20210526064756j:image

やっと会場に入ったら、今度はまた、身分確認まで10分くらい待たされます。ここの会場はなんと体育館だったのでした。総合病院など大きい会場の方が良いような気もしていたのですが、規模が小さく、比較的スムーズで安心しました。

f:id:deb-log:20210526065102j:image

受付で保険証、身分証明書、電話番号、職業を確認されます。私とドエムッシュ夫婦別姓ですが、何故かワクチン接種の会場では同じ姓が使われていました。つまり、私もマダムドMと言う訳です。そして、アンケートを渡されたら問診へ。アンケートは記入せず、問診のお兄さんまたはお姉さんに渡します。

問診では、武漢肺炎(COVID-19)の感染歴、既往症の有無、発熱の有無(自己申告制!)、アレルギーの有無、妊娠の有無、ワクチン接種の同意を聞かれて、問題がなければサインをして終わりです。記入済みのアンケートは、近くでコピーを取られ、原本は会場で保管、我々はコピーを持ってワクチン接種に向かいます。

f:id:deb-log:20210526070312j:image

白いテントがワクチン接種の場所です。テントの手前はワクチン接種した人たちが15分待つところ、写真手前はワクチン接種する人の待機場所です。場所によっては、若手のトレーニング中の人がワクチンを打ってくれるとか。私は熟年の人が来ますようにと祈っていました。すると、なんと、アラフォーのマダムが担当になってくれました。ラッキー!

f:id:deb-log:20210526070514j:image

ドエムッシュのワクチン接種の瞬間です。上腕二頭筋に直角ですね。写真の許可はいただきました。ドエムッシュはわざわざ半袖を着て行ったのに、全部脱いでノースリーブ1枚に。物悲しげに生えている胸毛が目障りなので、モザイクをかけました。悪しからず。

f:id:deb-log:20210526070714j:image

ワクチン接種後は、15分待ちます。なんと、飴が置いてありました。ドエムッシュは何の疑問も持たずに舐めていました。

ワクチンの感想ですが、接種後すぐは全く痛くありませんでした。インフルエンザワクチンの方が痛いかな、くらいです。針を打つ時も全く痛くなく、注入の時もそこまで気になりませんでした。6時間くらい経ってから、腕を上げると何となく三角筋が張っている感じと、鈍い痛みがありますが我慢できるくらいです。また後日談については別のブログにします。

武漢肺炎(COVID-19)ワクチンを接種しても、思ったよりも体調を崩すことなく過ごせていて、ホッとしています。2回目がやばいらしいので、しっかり食べ物など準備して臨みたいと思います。

ワクチン打ってきました 〜予約編〜

武漢肺炎(COVID-19)の感染者が下火になってきたフランスですが、ワクチンの2回接種を待たず、ロックダウン明け(仮)には既にマスクを外す人多数の地中海沿岸。開発して1年くらいのワクチンを身体に入れるのにはかなり躊躇いがありましたが、打つことを決意しました。腹を括ってしまうとこっちのもので、案外スムーズに予約が取れて、55歳以下でもワクチンを打つことができました。

ワクチンの予約は、会場に直接行って予約を取りました。インターネットの予約は年齢や持病の制限がありましたが、フランスのラジオでも話されていましたが、若い人でも確実に予約を取りたい時は、直接会場に行くのがいいとのことでした

職場の同僚とワクチンについてあれこれ話していたら、当日キャンセル分はその日のうちに打ってもらえると聞いて、一か八かでワクチン会場に行ったら、その日のキャンセル分はないけれど、年齢関係なく予約できる、と言われ、予約だけしました。空いてる一番近い日を教えてもらえたのでその日にお願いしました。

 

予約に必要なもの:

✔︎ Carte Vitale (保険証)

✔︎ Carte de Séjour (滞在許可証)

✔︎電話番号

 

保険証は、保険ナンバーでワクチン接種の有無を管理しているようなので、必要です。滞在許可証も同様に、本人確認のために提出させられます。電話番号は、ワクチン接種の前日にお知らせが入るようになっているので必須のようです。

ワクチン会場であっさり予約できて、インターネットであんなに会場探してた時間返して、という感じです。ただ、どこの会場でどのワクチンを扱っているのかは、ウェブサイトに掲載されているので先にチェックするといいかもしれません。

私が使ったウェブサイトは以下の2つ

Keldoc(ケルドック)

KelDoc : Prenez rendez-vous avec votre médecin en ligne

f:id:deb-log:20210526062348j:image
Doctolib(ドクトリブ)

Doctolib : Prenez rendez-vous en ligne chez un professionnel de santé

f:id:deb-log:20210526062645j:image

ここで場所を入力して、扱っているワクチンや予約の状況を確認できます。ただし、ネット予約の情報と会場で予約する時に、意外とワクチンの空きがあったりするので、確実に早く予約を取りたい場合は、現地で確認すればいいかもしれません。

私は情報を集めて、ファイザーが良さそうだなと思ったので(個人の考えです)ファイザーのみ扱っている所に行きました。モデルナ、ファイザー、と書かれている場合はどちらかを選ぶことは原則できないようです。何箇所にも下見には行けないので、ネットでどのワクチンを扱っているか見れるのは、便利だと思います。ワクチンの種類はドクトリブの方が見やすかったです。予約の取り方は…どっこいどっこいだと思います。私の同僚は1分おきにパトロールしていたそうで。。

ワクチンに対する不安が無いわけではありませんが、フランスでは、ワクチンは何かの結界だと思っているようで、みなさんマスクを外し始めています。それを見た私は心の結界を張りましたけどね。ロックダウン明けの状況を見て、自分の身を守るために、ワクチンを打つことにしましたが、ちゃんと予防も変わらず徹底していきます。