すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

夫婦別姓なんてあってないようなもの

国際結婚で配偶者が男性の場合、日本人女性は自分の姓か夫の姓を名乗ります。が、夫婦別姓が認められている国では、色々とややこしいこともあります。

まず、結婚していても苗字が異なるため毎回婚姻事実確認されます。今回の日本への帰省も、私とは別行動だったドエムッシュが、私との結婚を証明するために結婚証明書を空港で見せなければならないなど、かなり面倒でした。

ワクチンパスポートを作成する際も、私はドエムッシュ夫人という位置付けで、夫婦同時に予約を取った際は、ドエムッシュの苗字で登録されました。その後パスポートや、滞在許可証を見せて、夫婦別姓であることを証明し、ワクチンパスポートは私の苗字になっています。

ドエムッシュのママンは、実は外国人で、義両親も夫婦別姓ですが、基本的にこちらの国は事務仕事が適当なので、ドエムッシュのママンが手紙や給与明細を受け取る時は、ドエムッシュのパパンの苗字になっているそうです。結局夫婦別姓を選択したところで、夫婦同姓で扱われることが多いし、実際夫婦同姓の方が混乱が少ないらしいです。

夫婦別姓の場合子どもの苗字は、長子につけた苗字が次の子にも引き継がれるそうです。例えば、「田中さん」と「ド・ジャルジェさん」が結婚した場合、子どもの苗字については4つの候補が挙がります。①「田中」②「ド・ジャルジェ」③「田中・ド・ジャルジェ」④「ド・ジャルジェ・田中」のどれかになる訳です。フランスでは、出生証明書があるので、それに記載され、第二子は原則第一子と同じ苗字になるそう。ちなみに、ドエムッシュは父親の苗字だけです。(ご先祖さまがフランスの王様や貴族なので、複合性にしたらありえない長さになってしまいます。貧乏貴族です。)

夫婦別姓はややこしいことも結構あるので、私も次パスポートを作るときは、ドエムッシュの苗字をパスポートに併記する予定です。子どもが生まれたり、日本で暮らすことになった時は、離婚しない覚悟でドエムッシュの苗字に変更し、仕事や銀行などでは通称で旧姓を使いたいですね。

今選択的夫婦別姓が議論になっていますが、法を整備しても、日本のように事務仕事がきっちりしすぎた国だと逆にややこしくなると思います。世界基準だから、など訳のわからないことを言って単に法律で定めるのではなく、ちゃんと使う場面を想定して少しずつ法整備をしていかないと大きな混乱になりそうな気がする。夫婦別姓でヨーロッパが上手く回っているように見えるのは、良くも悪くも、単にお役所が適当だからです。

正直、私は選択的夫婦別姓はどうでもいい。どちらでもいい。ただ、表面的な夫婦別姓ならない方がマシ。とりあえず「通称」の法律整備をして、国民の生活に「通称を使った夫婦別姓」として夫婦の在り方が定着した頃にもう一度夫婦別姓の議論をした方がいいと思うんですよね。何でもかんでも欧米のやり方に合わせるなんてことしてたら、日本が日本じゃなくなりますから。

それぞれの国がそれぞれのやり方で生きていけばいいんだし、事実婚とか内縁とか、夫婦同姓にしなくても法の抜け穴沢山あるし。遺族年金を不正受給しても、身分によっては逮捕されない人もいて、法の抜け穴なんて沢山あるんだなとまざまざと見せつけられる今日この頃です。日本は法治国家として機能してるのかな?

総裁選気になりますが、今すぐ夫婦別姓にすると混乱がありそうだなぁ、ヨーロッパだって、夫婦別姓でやっていけるけど、コロナ禍は特に何かにつけて面倒くさいですよ。夫婦別姓の議論なども拝聴しましたが、「他の国に倣え」など言わずに、ちゃんと日本のことを考えてくれている人があまりいないようや気がしました。

ドエムッシュが遊びにきた

単身赴任にも慣れてきましたが、11畳もないバルコニーもない窓も小さいアパートにいると、なんだか外に出たくなるので、週末毎に帰省しているお話は既にした通りですが、今週末はチケットが取れずドエムッシュが遊びに来てくれました。アパートにはオーブンも炊飯器もないので、作れるものも限られております。が、今日はオンライン帰省もあったので、簡単なものですが作ってみました。

f:id:deb-log:20210920013345j:image

ポルチーニのクリームパスタ

カレイのソテー

ビーリー

カレイが2枚で6ユーロ(780円くらい)なので、少し高めですが、ポルチーニはタダ食材なのでいいでしょう。中を割ってみたら虫がうじゃうじゃいたので、虫食いのところは切り捨てて、周りの汚れや砂をキッチンペーパーできれいに拭き取り、取りきれない部分は仕方なくナイフで削ぎ落とし、ホワイトソースにしてしまいました(ポルチーニを採りに行った話はまた別の記事で)。

今コンロが2つしかなく、ポータブルなものなので、火力もそこまで強くありません。調理に時間もかかるため、2品が限界かな。もっと手際良く料理ができたら良いのですが、アパートの調味料は、オリーブオイル、醤油、塩、砂糖、エルブ・ド・プロヴァンスプロヴァンスのハーブ)・ロゼワインしかないので、大体味付けは同じ感じだし、やはり(今住んでいるところよりは若干)大きいアパートで思いっきり料理するのとは効率も違いますね。

ドエムッシュへのおもてなし料理は、昨日は外食だったため、今回はこの1食になってしまいましたが、まあ良いでしょう。作り置きおかずなんかもまたちょこちょこできたら良いなぁ、なんて思いながら過ごしてます。

一人暮らしの料理は

私は週末は家を空けることが多いので、基本的にアパートには仕事用のカバン、学生時代(浪人大学留学大学院のマスターで計8年分)の綺麗めの服と、仕事着にしていた少し良いお出かけ用の服を数着持ってきています。なんせフランスの治安の悪い地域のトップ5には入っていそうな場所なので、南フランスと違ってプレゼントでもらった貴重なものは古い木造アパートには置きたくないというのが本音です。

さて、そんな場所での一人暮らしですが車もありません。何ならペーパードライバーです。そのため、お買い物も重いものは買いたくないのでこまめに少しずつ醤油やお酒などを買い足しています。タンパク源であるお肉や魚も、買ったところで1人分なので、2種類くらいおかずとしてまとめて作って、冷凍して、2週間くらいかけて食べることにしました。

f:id:deb-log:20210917172603j:image

お弁当にも大量に作って冷凍、解凍したおかずが入っています。今回はご飯も6食分炊いて冷凍です。これからもこまめに料理をするように、自分の監視用にブログに記録をつけていこうかなぁ、なんて考えていました。

節約で1ヶ月100ユーロ(13,000円くらい)を貯金できるように頑張ります…!

がんばりたい節約

最近めっきり更新頻度が落ちていました。これからまたもう少し頻繁に更新していきたいですね。お仕事の繁忙期とブログの更新頻度が反比例してしまっていました。

さて、久しぶりの一人暮らしにも慣れ、悠々自適に暮らしています。こんな自由を手に入れてしまうと、ドエムッシュと夫婦としてまた一緒に暮らしていけるのか心配なので、週末は電車で出来るだけ帰ることにしております。フランスの電車は早めに買うと安く買える場合が多いです。あと、日や時間帯でも価格が異なり平均で往復€80(10,400円)くらいです。毎週末、と考えると、4万円ほど飛んでいってしまいますね。

f:id:deb-log:20210916154139j:image

ということで、お弁当復活です。安い食材を使っているので、おそらくこれで350円くらい。カフェの安いサンドイッチでも、5ユーロ(約650円)弱します。毎日300円の節約が最終的に電車1回分くらいにはなりますからね。バランスの取れた食事を心がけて、なんとか健康も維持したいところです。。

電車を乗り違えた時の対処法〜フランスの場合〜

先日、TGV(テジェヴェ・フランス版新幹線)を乗り違えて罰金を取られた話をしました。ショックが大きく、やっと乗り越えられましたが笑 フランス人の友人や同僚に話をして見ると、そういう似た経験をもつ人もちらほら。

まず、私が取るべき対応は、車掌さんを探して

自己申告することだったようです。車掌さんが回ってチケットのチェックをするまで待っていると「チェックまで申告してなかったということは、回ってこなければ無賃乗車をするよていだった」という風に見なされるようです。回ってきたら申告しようと思ってたのが間違いですね。次もし電車を間違った時には気をつけたいです。

その他にも、日本は乗り越しすると、後から精算ができますが、フランスで乗り越しの精算は出来ずに、罰金をふんだくり取られるパターンもあるそうです。乗越した場合も、車掌さんを探して、事情を説明すれば運賃のみで罰金は取られないようなので、気をつけて生活したいですね。乗り越し精算ができないあたり、フランスは後進国なんだよな、と思ってしまいます。確かに日本のファックス文化は謎だけど、それと同じくらい謎。

罰金を1万円近く取られて、嫌な気持ちでしたけど、無銭乗車も多い国なので、仕方ないかな。お財布を守るためにも、乗り降りする駅はしっかり確認しようと思ったのでした。

電車を乗り違えた話

単身赴任ですが、時々は帰りたい、と、早速帰省です。大きい都市だとTGV(フランス版新幹線)駅がいくつかあるのですが、私はそれを知らず、よく使う方の駅に行ってしまいました。私は18号車に乗るなのに、8号車までしかない…ウソ…と

私「あのー、ここに18号車って書いてるんですけど」

駅員さん「あーあなたの駅ここじゃないね」

私「どうすればいい?」

駅員さん「じゃあ乗っていいよ」

ということで乗せてもらいました。フランスの電車は改札がなく、車内でチケットを確認する制度なので、車掌さんが来るまで罰金を取られないか戦々恐々としていました。

車掌さんが回ってきて、「チケット見せてください」と言われたので、

私「降りる駅間違って、違う電車に乗ってしまったんです」

車掌さん「あー、じゃあこの電車の切符は無いわけね」

私「はい」(罰金くるか?)

車掌さん「160ユーロでチケット買わないとダメだけどいい?」

私「仕方ないですよね。もちろん払います」

ということで、ほぼほぼ罰金と同じくらい高いチケット代160ユーロ、日本円だと2万円ちょいを支払い、事なきを得ました。90ユーロが運賃、70ユーロが罰金です。どうやらごねると支払額が上がったり、罰金も増額されたりと大変らしいのです。これ以上は払いたくないので、言われた額を大人しく払いました。

高い勉強代でしたが、仕方ないですね。これからは思い込みではなく、一言一句駅の名前と行き先を確認しようと思った旅でした。

お引越し何とか完了

さて、先日のお部屋ですが、部屋を綺麗に使う約束をして、大家さんから何とか家を借りることができました。前住んでいた方にご立腹だったので、どのくらい汚くしていたのか聞いてみたのですが、たしかに、写真を見る限り水回りはあまり綺麗に使っていなかったようでした。というのも、ガス台が汚れていたためです。でも、どうやればそんな綺麗にピカピカに使えるのでしょう…気になります。

日本人には部屋を貸したくないフランス人 - すみれの部屋

大家さんからは「使えば汚くなるし、それは仕方ないけど、部屋を返す時は今の状態にして返却してね」と言われました。どこまで綺麗にすればいいのか謎ですが、結構細かそうな感じだったので、退去のお掃除は頑張ろうと思います。

部屋の壁を塗ってくれたり、色々と部屋を綺麗にしてくれた大家さんですが、経年劣化は気になっても、所詮フランス人、土足で歩いた上に平気で座れるようです。どんなに見た目が綺麗でも目に見えないウイルスたちがいるので、部屋の隅々まで除菌してからが生活本番です。とりあえず裸足で歩きたいところは除菌をしたので、ここ数日で快適に暮らせるように頑張りたいと思います。

…しかし床が軋むしふかふかだし…木造アパートに何か居てはいけないものが居そうな気がします。これ以上物を増やさないように頑張らないといけませんね!