すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

夫婦別姓なんてあってないようなもの

国際結婚で配偶者が男性の場合、日本人女性は自分の姓か夫の姓を名乗ります。が、夫婦別姓が認められている国では、色々とややこしいこともあります。 まず、結婚していても苗字が異なるため毎回婚姻事実確認されます。今回の日本への帰省も、私とは別行動だ…

ドエムッシュが遊びにきた

単身赴任にも慣れてきましたが、11畳もないバルコニーもない窓も小さいアパートにいると、なんだか外に出たくなるので、週末毎に帰省しているお話は既にした通りですが、今週末はチケットが取れずドエムッシュが遊びに来てくれました。アパートにはオーブン…

一人暮らしの料理は

私は週末は家を空けることが多いので、基本的にアパートには仕事用のカバン、学生時代(浪人大学留学大学院のマスターで計8年分)の綺麗めの服と、仕事着にしていた少し良いお出かけ用の服を数着持ってきています。なんせフランスの治安の悪い地域のトップ5…

がんばりたい節約

最近めっきり更新頻度が落ちていました。これからまたもう少し頻繁に更新していきたいですね。お仕事の繁忙期とブログの更新頻度が反比例してしまっていました。 さて、久しぶりの一人暮らしにも慣れ、悠々自適に暮らしています。こんな自由を手に入れてしま…

電車を乗り違えた時の対処法〜フランスの場合〜

先日、TGV(テジェヴェ・フランス版新幹線)を乗り違えて罰金を取られた話をしました。ショックが大きく、やっと乗り越えられましたが笑 フランス人の友人や同僚に話をして見ると、そういう似た経験をもつ人もちらほら。 まず、私が取るべき対応は、車掌さん…

電車を乗り違えた話

単身赴任ですが、時々は帰りたい、と、早速帰省です。大きい都市だとTGV(フランス版新幹線)駅がいくつかあるのですが、私はそれを知らず、よく使う方の駅に行ってしまいました。私は18号車に乗るなのに、8号車までしかない…ウソ…と 私「あのー、ここに18号…

お引越し何とか完了

さて、先日のお部屋ですが、部屋を綺麗に使う約束をして、大家さんから何とか家を借りることができました。前住んでいた方にご立腹だったので、どのくらい汚くしていたのか聞いてみたのですが、たしかに、写真を見る限り水回りはあまり綺麗に使っていなかっ…

パラリンピック応援中

今年は初めてここまでオリンピックを見たし、パラリンピックも応援しようということで、お仕事の時間を除き、テレビでパラリンピックも応援してます。遂に時差ができてしまったので、競技を日本にいた時ほど応援できないのは残念ですがフランスの公営放送で…

ケシミンクリームが効いてるかもしれない

日本帰国を機に始めたシミ対策。ほっぺの上の方にできてしまったシミに塗り込んでいたら心なしか薄くなってきた気がします。しかも、写真のシミの周りに少しぽちぽちとあった小さいシミは無くなりました。 全部で6,000円くらいかかるシミ対策、こんな値段で…

日本人には部屋を貸したくないフランス人

日本は清潔な国だと思っていましたが、部屋が雑然としている人が多いのでしょうか。私はまた単身赴任を始めるべく、アパート探しをしているのですが、「前住んでいた日本人の部屋の使い方が雑すぎて、日本人のあなたに部屋を貸すのが不安だ」と言われてしま…

わたる世間は鬼ばかりを地で行く母

題名からお察しの通り、母が泉ピン子さんの役だということは言うまでもありませんね。母の機嫌は山の天気よりも変わりやすく、一旦機嫌が悪くなるとしばらく機嫌が悪いという、大変厄介な性格をしています。叔母は「お年ごろ」だと言うのですが、母のお年ご…

ブルーベリーとラズベリーのタルト

夏が終わる頃になると、ブルーベリーとラズベリーの旬なのか、スーパーに売っているベリーが同じ値段で2.5倍の量で売られています。実家ではドエムッシュが毎朝ブルーベリーの収穫を手伝っていましたが、我が家は5畳のバルコニーにお花とハーブが植えてある…

お客様の前で粗相 vs 説教

母は「友達」という人たちの悪口を普通に言うタイプの人間なので、最近では妹つながりのママ友しかいません。私は小学校中学校とほぼ友達が居なかったし、母は学校行事にも来なかったこともあり、私繋がりのママ友はいないので、今でも母がプライベートで会…

おうち時間でハマったこと

フランスにきてから、お礼状やクリスマスカード、バースデーカードなど、カードを色んな人に送ることが多くなりました。しかし、芸術的センス皆無の私は、カードに映えるアルファベットも満足に書けず、遂に2ヶ月くらい前からカリグラフィを始めました。しか…

天知る地知るおばあちゃまも知ってる

母は自分の体調の悪さを大袈裟に言う癖があります。例えば平熱が35℃台なので、37℃の熱が出ると「平熱が36℃の人だと38℃台っていう意味だから、ママの場合38℃あるってこと」という母の仮説をもとに「38℃の熱がある」と平気で他の人に言うこともあります。 以前…

女の敵は女

私は20歳の時にJHD&Cにヘアドネーションをしてから、先日帰国した時に3回目のヘアドネーションをしてきました。長い部分だと40cmは切る髪があったので、かなり長かったです。満足な青春時代を送らなかったのか、母は私の髪が長いのと、妹の髪がいつも可愛い…

ヨーロッパに3年住んで変わったこと

6年前に1年間スウェーデンに留学し、フランスに移住して約2年、日本でも海外でもモテず、付き合ったのも結婚したのもドエムッシュしかいない私ですが、今回の日本の帰省で自分の考え方や習慣が変わったなと気づいたことが幾つかありました。 ①男の人も家事を…

日本の外食はお値段以上

フランスにいると、日本のように美味〜い料理を食べようと思うと、最低5,000円は出さないと食べられません。ということで、隔離期間が終わってからは実家に帰るまで、外食を楽しんだ日々でした。もちろん、感染対策しているお店で。 ホテルのビュッフェ、こ…

自立しないししたくない

母は生まれてこの方一人暮らしをしたことがありません。仕事をしていた独身時代は、おばあちゃんが全部家事をやり、結婚してからは同居しているおばあちゃまが全ての家事を請け負い、実は好きな時に好きなように家事をしているのが母です。仕事人間と言えば…

来年の年賀状は家族写真

ドラミちゃんは進学しましたが、とりあえず一旦修了証をもらったということで、数ヶ月越しに家族写真を撮ることになりました。私とドエムッシュも一緒の家族写真です。私はドラミちゃんの小さいお友達のために着物と袴を作ったので、4時半頃にやっとベッドに…

母の世話は誰がやる

何度かこのブログではお話していますが、母はドエムッシュのことが大好きです。故に、家族で買い物に出かけても2人で行動するなど、奇行が目立ちます。しかし、それは家族にとってありがたいこと。私はてっきり母はドエムッシュと“デート”するのが好きなのだ…

ただいまフランス

妹のドラミちゃんが新幹線まで見送りに来てくれ、私は人目を憚らずに号泣しました。仲良しも駆けつけてくれて、コロナ禍でも本当に仲のいい人たちとは繋がっているんだなと実感。新幹線でもしばらく号泣し、羽田空港に着くころにはやっと落ち着いていました…

隔離生活振り返り

隔離生活が終わって、最近は自由に出歩けるようになり、特にいろんな人に会うわけではないけれど、帰ってきてよかったなと思うことが多々あります。隔離期間も、帰ってきた翌日から14日間、ランダムにアプリから通知はありましたが、オリンピックのおかげで…

オリンピック始まりましたね⭐︎

揉めに揉めたオリンピックが始まりましたね。実際に元・オリンピアン、知り合った頃は現役アスリートの知り合いがいますが、彼らにとって数ヶ月でも1年でも、限られた選手生命にとって本当に大切なのだと、実感させられたことがありました。だから、テレビ中…

そろりそろり(母)

母は「くのいち」として活躍するにはあまりに足音を消すのが下手くそなので、私のご先祖様は隠密なのですが、時代が時代なら、一家の出来損ないだった事でしょう。しかし、なぜ足音を消す必要があるのでしょうか。それは、娘たちの会話を全て聞いておきたい…

お茶くらい自分で買え!と言えたらどれほど楽か

日本に帰ってきたのはいいのですが、現在妹のドラミちゃんは、自主隔離中の私達に一人暮らしのアパートを押し出された形となり、実家で暮らしています。本当に可哀想。 (我が家の機能不全家族ぶりについては「我が家」のタグから是非ご覧ください) そんな…

ケシミンクリーム使用開始!

フランスでは日本と比べてスキンケアをするプロセスがかなり短いです。そもそも硬水なので、顔を洗うのではなく、ミサラーウォーターや化粧水で洗顔兼化粧落としを終えたら、クリームを塗るだけで終わり。日焼けがステータス故に、白人でもガンガン日焼けし…

意外と出かけられない隔離生活

隔離生活も半分終わりました。家で何をしているのかというと、ほぼ断捨離、これに尽きます。大学生の頃から暮らしているアパートには、大学時代に使ったものなど沢山残っており、私の仕事に必要のないもの以外は処分しています。あとは、ドラミちゃんにマフ…

隔離期間中のお買い物

隔離期間中も、公共交通機関を使わない限り、食料品や日用品の買い出しは認められています。そのため、私はほぼ無言で二酸化炭素を吐き出すことに専念しながら、近くのスーパーで先日ひっそりとお買い物をして、ひっそりと隔離中のアパートに戻りました。会…

フランス土産第一弾

一時帰国を決めてから、何を買えばいいのかかなり迷いました。定番のお土産(マルセイユ石鹸やモノプリのエコバッグなど)はこの2年間で家族のお誕生日やクリスマスに送ったので、同僚や友人に色々話を聞いて、さらにマルセイユに行った時にお土産屋さんのお…