すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

我が家

アンハッピーエイジング

母は中学時代と大学時代と新人先生時代の話、時々大学院時代の話をするのですが、全て武勇伝です。母は中学、高校とガリ勉モブキャラだったようで、所謂大学デビュー組です。仲良しの友達は、現代風に言うとパパ活をしていたようです。パパ活をする女は、女…

シンデレラコンプレックスなんて生易しい言葉で言い表せないドラミちゃんの婚活

今までも(おそらく)これからも独身を決め込んでいるドラミちゃん夢は独身貴族になることです。 父親はとっっても美少女のドラミちゃんは誰のものにもなってはいけないと思っているらしく、ドラミちゃんが独身でいることに特に口出しをしません。一時期、私…

絶対ヒロインの座は譲らない

人は誰しも自分の人生の主人公ですが、たまに他人の人生の主人公になりたい人間もいるということを教えてくれたのが母でした。我々の人生にぐいぐい入ってから母、このブログの読者さんたちならもうご存知かと思いますが、母は「自称」・世界のヒロインです…

美少女は何しても美少女

妹のドラミちゃんから急遽LINEでメッセージが来ました。 「ねえ、ドラミおかっぱにしたらどうかな」 ドラミちゃんは美少女なので、どんな髪型でも可愛いし、どんな服でも可愛く着こなすのですが、クレラップのおかっぱのドラミちゃんは想像できなかったので…

人の悪口ほど盛り上がるトピックはない

叔母は私たちのことを可愛がってくれていますが、アクの強いいとこ達とアクの強い母の組み合わせは良くはなさそうです。姉妹仲が一方通行なのが一因だと考えられますが、それはおそらく母が叔母を相当見下しているからなのでしょうが、叔母から見ると、娘た…

突然の帰省に家族はどう反応するのか

我が家の金魚は比較的長生きで、しかも3匹は25センチを超える大きい金魚でしたが、去年の夏から秋にかけて2匹がマツカサ病でなくなりました。金魚は初代出目金が亡くなった時が一番悲しかったのですが、その後続々と水槽内でも感染症があったのか、16匹いた…

太鼓持ち募集中

生まれ落ちる家は選べないもので、「親ガチャ」なんていう表現は上手いものだな、と共感してしまう毒母育ちさんです。 さて、母には5つのモードがあり(ぶりっ子モード・自己陶酔モード・仕事モード・爬虫類フェイスモード・賢者モード)小さい頃から母が怒…

プライベート仕事の流儀

母には5つのモードがあり(ぶりっ子モード・自己陶酔モード・仕事モード・爬虫類フェイスモード・賢者モード)誰の話も聞かずに指示を出したり、自分のスケジュールを一方的に話している時は仕事モードなので、小学生のころから、母の仕事モードは黙ってやり…

爪が割れるほどのストレス

先日のブログ更新からしばらく時が空いてしまいましたが、今回はドラミちゃんの爪が母のストレスによって割れるほどストレスフルなオンライン帰省となりました。 以前の記事にもある通り、母が仮病を使ってみんなから心配して欲しかったのに、思うように熱が…

持病は…

母がついにワクチン3回目を打ちました。 かかりつけ医にあんなに止められており、職場に来ているお医者さんにも「あなたには打たないと言う選択がある」と言われたにも関わらず、「私の職場は渦中にあるんだ!」と声高に宣言しており、ワクチンを打って39度…

隔離に困らない間取りゆえに

ドラミちゃんがひな祭り帰省中、母が突然「コロナになった!」と騒いで自主隔離をしたある日のことです。母の病気は突然、何の診断もナシにやってきます。 季節柄、花粉の多い季節ですから、花粉症持ちは咳もくしゃみも涙も出ます。母も花粉症もちで、軽く咳…

からだのふしぎ

大学時代一瞬バレー部に所属していましたが、下品な飲み会が嫌過ぎて、バレーをしに行く直前に全身に蕁麻疹が出たりと体調に支障をきたしていました。流石にビール3リットル飲まされ、「次は飲まない」と言ったら「じゃあコーラ縛り」などと言われ、「こいつ…

あくまで自然派!

母のぶりっ子(本人が可愛いと思ってる勘違い)に振り回されっぱなしの我が家ですが、母は昔多少可愛かった時代があったために、35年前のマインドをずるずる引きずっております。ちなみに私は誰も褒めてくれる人がいなかったので見た目は自画自賛か自虐かの…

癖は遺伝する

母には大まかに5つの人格があります。1つはぶりっ子モード、1つは自己陶酔モード、1つは仕事モード、1つは爬虫類フェイスモード、1つは賢者モードです。今回は母がぶりっ子モードの状態のお話 母は何かに失敗したとき、または機嫌がとてもいいとき、または自…

娘の風呂上がりに突撃!

今年も本ブログのヒロインは「母」が続投しますので、どうぞご贔屓によろしくお願いいたします。 以前、母はなんでも知りたがることを書きました。ドエムッシュが実家に泊まりにくると、夜な夜な枕を交わしたかをチェックするために、洗濯物の中から私のパン…

クリスマス帰省(2回目)その6

さて、迎えた最終日。私は嫁の役割を全うすべく買い物などに勤しんでおりました。 ドエムッシュのおばさんが遊びに来て、数日後に還暦を迎えるもう一人のおばさんの話になりました。ドエムッシュももう一人のおばさんは修道女で、俗世で生活していないので、…

クリスマス帰省(2回目)その5

実際のところ、実家にいるよりもドエムッシュの実家の方が気が楽なことは楽です。母さえいなければ実家でぐうたらするのですが、母が出かける際に「ミッション」を言い渡してくるので、我々はジェームズボンドのように任務をこなす必要があり、休む暇があり…

クリスマス帰省(2回目)その4

クリスマスの夜、ドM弟達は本当はパリへ帰る予定でしたが、ドM母が夜道の運転を心配してドM弟夫婦も同じ屋根の下にいることに。ドM弟の彼女がいると、失礼な態度を見てイライラするわ、ドM弟彼女がいることで周りも静かになるので周りに気を遣うわ、内心かな…

クリスマス帰省(2回目)その2

メリークリスマス! クリスマスイブは日本の大晦日同様派手なものです。盛大にキリストの誕生日を迎えるんですよね。街中は開いているお店は多くはありませんが、チーズ屋さん、お肉屋さん、魚屋さん、八百屋さん、花屋さんは午前中からお昼過ぎもやってると…

クリスマス帰省(2回目) その1

Noël(ノエル)とはフランス語でクリスマスを意味するのは有名なお話ですが、クリスマスはフランスの全国民がものすごい予算と熱意をかけて家族総出で行うビッグイベントなのです。そして、去年はオンライン参加でしたが遂に私も義実家に舞い戻って参りました。…

バレない催促の仕方

世の中相手に意図を汲まれると突然距離をとられるなんて事もザラにありますが、母は今までどれ程周りの人に距離を取られたのだろうと思うほど、意図を隠すのがド下手です。 私はお酒は普段たくさん飲みませんが、一度飲み始めるとボトルからなくなるまで一生…

母からのお届けもの

本ブログを継続的に読んでくださっている方はご存知、久しぶりに母のお話です。おそらく自己愛性パーソナリティ障害をもっている母ですので、今回もまた妹のドラミちゃんにものすごいものが届きました。 母は昔から何故か料理が下手なのに、母のお母さん、す…

わたる世間は鬼ばかりを地で行く母

題名からお察しの通り、母が泉ピン子さんの役だということは言うまでもありませんね。母の機嫌は山の天気よりも変わりやすく、一旦機嫌が悪くなるとしばらく機嫌が悪いという、大変厄介な性格をしています。叔母は「お年ごろ」だと言うのですが、母のお年ご…

お客様の前で粗相 vs 説教

母は「友達」という人たちの悪口を普通に言うタイプの人間なので、最近では妹つながりのママ友しかいません。私は小学校中学校とほぼ友達が居なかったし、母は学校行事にも来なかったこともあり、私繋がりのママ友はいないので、今でも母がプライベートで会…

天知る地知るおばあちゃまも知ってる

母は自分の体調の悪さを大袈裟に言う癖があります。例えば平熱が35℃台なので、37℃の熱が出ると「平熱が36℃の人だと38℃台っていう意味だから、ママの場合38℃あるってこと」という母の仮説をもとに「38℃の熱がある」と平気で他の人に言うこともあります。 以前…

女の敵は女

私は20歳の時にJHD&Cにヘアドネーションをしてから、先日帰国した時に3回目のヘアドネーションをしてきました。長い部分だと40cmは切る髪があったので、かなり長かったです。満足な青春時代を送らなかったのか、母は私の髪が長いのと、妹の髪がいつも可愛い…

来年の年賀状は家族写真

ドラミちゃんは進学しましたが、とりあえず一旦修了証をもらったということで、数ヶ月越しに家族写真を撮ることになりました。私とドエムッシュも一緒の家族写真です。私はドラミちゃんの小さいお友達のために着物と袴を作ったので、4時半頃にやっとベッドに…

母の世話は誰がやる

何度かこのブログではお話していますが、母はドエムッシュのことが大好きです。故に、家族で買い物に出かけても2人で行動するなど、奇行が目立ちます。しかし、それは家族にとってありがたいこと。私はてっきり母はドエムッシュと“デート”するのが好きなのだ…

そろりそろり(母)

母は「くのいち」として活躍するにはあまりに足音を消すのが下手くそなので、私のご先祖様は隠密なのですが、時代が時代なら、一家の出来損ないだった事でしょう。しかし、なぜ足音を消す必要があるのでしょうか。それは、娘たちの会話を全て聞いておきたい…

お茶くらい自分で買え!と言えたらどれほど楽か

日本に帰ってきたのはいいのですが、現在妹のドラミちゃんは、自主隔離中の私達に一人暮らしのアパートを押し出された形となり、実家で暮らしています。本当に可哀想。 (我が家の機能不全家族ぶりについては「我が家」のタグから是非ご覧ください) そんな…