すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

お買い物ルポ〜プラダのアウトレット〜

極貧生活をしている理由の一つにハイブランド好き(しかも自分には勿体ない気がして買えないけどプレゼントなら買える)という皮肉な嗜好が災いしているのですが、本日は庶民の味方のアウトレットモールに行って参りました。

パリのアウトレットにはグッチなどのブランドがずらりと揃っているらしいのですが、パリまでは遠いので、パリに用事がある時に行くことにして、本日はリヨンにある the village outlet (ザ・ヴィラージュ・アウトレット)に行って参りました。今回は、ドエムッシュのお母さんに今すぐにおヴィトン鞄をあげたい嫁 vs お母さんの還暦までおヴィトンをあげるのは待ちたい夫の対立を解決するためにプラダを買い足すことになったのでした。

f:id:deb-log:20220418235518j:image

価格について色々調べましたが、中々情報が見つからず、こちらに忘れないうちにレポートを綴ることにしました。

商品のラインナップ

・レディース(PRADA miumiu)

バッグ、財布、サングラス、スマホケース、ポーチ、巾着

・メンズ(PRADA

バッグ、財布、名刺入れ、靴、ポロシャツ、上着

割引率

値段: 1000ユーロ〜2000ユーロ

割引率: 30〜40%(ものによって50〜70%)

多くの商品は3〜4割引でしたが、最終価格でさらに半額の70%まで落としているものもありました。メンズの腕につけるポーチなんかだと、最終価格が100ユーロ(約13,500円)くらいのものもありました。レディースは、最終価格でも20%か40%引きがほとんどでした。最終価格になっているものは3割PRADA、7割miumiuかな、という印象です。

ポロシャツは320ユーロ(約43,200円)が半額の160ユーロ(約21,600円)で売られていました。メンズのビーチサンダルも売られていましたが、アウトレット価格で130ユーロ(約17,500円)なら、運が良ければちゃんとした靴をデパートのセールで買えるね、ということで我々のものは特に買いませんでした。

f:id:deb-log:20220419062715j:image

こちらPRADAのナイロンバッグ、ペットボトルや長財布を入れてもまだ余裕ありそうな大きさのものが1,250ユーロの40%引きで750ユーロ、日本円だと約168,750円→約101,250円となっていました。

PRADAは商品をあまり安すぎる値段設定にしないための作戦なのでしょうが、よく知られているデザインナイロンバッグの取り扱いはなく、1000ユーロ(約135,000円)くらいのものは、およそ650ユーロ〜780ユーロ(87,750円〜105,300円)くらいの価格帯で売られていました。

一番安いポシェットは880ユーロ(約118,800円)がアウトレット価格で550ユーロ(74,250円)になっていました。機能的でよく入りそうです。ネオンピンク、水色、黒の3色を取り扱っていました。

ドエムッシュのお母さんに買った鞄は、1,250ユーロ(約168,750円)の40%引で750ユーロ約101,250円)でした。ちょっと古いかも知れないけれど…ゴーフルバッグで華やかだし、サイズは本とペットボトルと長財布が入る大きさなので、少し遠出をしても大丈夫そうな容量です。普通のナイロンバッグも可愛かったのですが、お母さんだしこっち派手で良いね?ということでドエムッシュも納得の上でのお買い物です。アウトレットじゃないと、750ユーロ(約101,250円)で買えるのは特定の色の小さいナイロンバッグだけなので、いろんな選択肢があるしかなりお得だと思いました。

f:id:deb-log:20220419062943j:image

内装は手前がメンズで奥がレディースでした。お客さんも他の店舗に比べれば、常時2〜3組しかいない印象。

イタリアのPRADAのアウトレットが一番お得なようですが、交通費など考えるとフランスの近場のアウトレットで買うのが色々経済的なような気がしました(今回はたまたまリヨン近郊にいたので)。そのうちイタリアに行く機会が有ればアウトレットを覗いてみたいです。

ことのあらましなのですが、ドエムッシュのお母さんが「ブランドに興味ない」と言いつつ、南仏に来るたびに自分の鞄を気にしているので、思い切って「好きなブランドは?」と日本人嫁が聞きました。そしたら「特に持ってないから…」と俯き加減に答える義母。ドエムッシュのお父さんに「ほら、これママ好きなブランドだよ!」と日本人嫁が言っても「え、要らないでしょ」と言って気にしないフランス人義父。

ザコンのドエムッシュには「とりあえずルイヴィトンいってみよ!」と言いながら、ほしい鞄の在庫なしの状態が続き、先日、1年越しに、Louis Vuitton のスピーディー25(1,100ユーロ、1ユーロ135円として、日本円で約148,500円)が買えました。(なんの躊躇も無しにお母さんに鞄があるなら私にも買ってくれ!)ただ、還暦のプレゼントということで、まだ数年は我々が大事に保管しないといけないようです。Louis Vuittonは価値を落とさないために生産ラインをコントロールしているので、お店が再販した時に連絡をくれるか、地道にお店をパトロールするしかありませんでした。

ここまで長かった…ので、ドエムッシュも還暦までは何としてもあげない!の一点張りです。しかし、私は買ったらできるだけ早く使い始めて欲しいと思っていました。5月に再び(!)義両親が南仏に遊びに来るので(?!)、「その時にヴィトンをあげちまえ!」と言っていた私ですが、ドエムッシュはいい顔をしていませんでした。そこで折衷案(!)として、アウトレットでお手頃でかつ良い鞄があればそれをあげよう、と話して、40%引きでプラダを購入して次回お渡しことになりました。還暦まではおヴィトンはお預けですが、とりあえずアウトレットだとしてもおプラダがあれば、ちょっとしたお出かけやお呼ばれにも使えますもんね。

結局妹のドラミちゃんに謎にmiumiuの巾着(300ユーロの40%引きの180ユーロ)、ドM父の還暦祝いのお財布(いくらか忘れたけどそんなに高くない、すぐに物を失くすから)、ドM母に来月あげる用の鞄の3点を購入して帰ってきました。

免税の手続きもできるようですし、15万円持ってくれば、組み合わせによって3点くらい買えそうな感じでした。今回は私もフランス語でお買い物を頑張りましたが、英語でも対応してもらえるみたいです。私を中国人だと思ったお店側が中国人の可愛いお姉さんをあてがってくれたので、おそらく中国語も可。 

おヴィトンはドエムッシュのセンスでダミエで茶色の鞄です。今回のプラダは黒の鞄ということで、ひとまずこの2つがあればきっと組み合わせにはそれほど困らないはずです。あとは何か素敵な(=ドM母の知ってる高めのブランド)ストールとお財布をドエムッシュのお父さんに任せて、我々は貯金と私の物欲に注力できそうです。とりあえず年功序列的に義母の次に私が素敵な鞄を手に入れれば完璧なのでしばらくノーブランドで頑張ります。

いつも南仏に来るたびに自分の鞄を何となく気にしてるドエムッシュのお母さん、今回は大手を振って南仏の街を歩けるといいですね!