すみれの部屋

おら(毒親育ち)海外さ来ただ!

ドラミちゃんの独身大作戦②

ドラミちゃんは最近両親と顔を合わせるたびに結婚を仄めかされているので、何とかそれを回避する方法はないかと姉妹で考えています。ドラミちゃんは両親にうんざりすると、何故か知恵を求めて私に連絡してきます。本当にどうしようもない家族なのは知っているので、父親と母親の学歴&職業への偏見を活かしたプランAを立ててみました。

f:id:deb-log:20210301053136j:image

まず、レンタル彼氏に手を貸してもらい、両親にドラミちゃんが「この人と結婚前提で付き合ってます」と宣言をします。「誰でもいいから結婚しなさい」と言う祖母や、「人として結婚しなさい」と言う母、そして絶対に学歴を譲れない両親への反逆とも取れるプロフィールを設定します。

彼氏のプロフィール

・名前 キラキラネーム

・身長 150〜170cm

・見た目 チャラい

・職業 フリーター

・学歴 できれば中卒

ストーリーはこんな感じ。

ある日ドラミちゃんが突然帰省して「紹介したい人がいます」と言ってホテルの一角でみんなでご飯を食べることにする。そしてレンタル彼氏(ジャスティス)にホテルまで来てもらってそこで合流します。ジャスティスは一昔前のホストのようにツンツンの髪にしてもらい、ピチピチの長袖のTシャツの上に半袖を着てダメージジーンズを履いていますが、ドラミちゃんを見つけてホテルのテーブルにやってきて、そこから地獄の1時間が始まります。

父「あのー、お名前は?」

ジ「ジャスティスです」

母「そ…それは本名ですか?」

ジ「そうっす!」

ド「うん、ジャスティスとそろそろ結婚しようかって話になって、そろそろみんなにも紹介しようかなと思って。」

父「えっとー…お仕事は?」

ジ「今は飲食です」

母「というと、どこかのレストランで…」

ジ「いや、ウーバーっす!」

父「あ…そうですか…」

母「最近流行ってますよね〜」

ジ「はい、チャリでどこまでも行きますよ」

ド「めっちゃ頑張ってるし、優しいの」

父「じゃあ、バイトですか…」

母「ということは学生さん?」

ジ「いや、自分中卒っす。それからずっとこの道10年っす!」

母「そうなんですかぁ…」

父「高校とかは受験したの…?」

ジ「高校で得られるものがないと思ったので行ってません」

父母唖然

ド「ね、素敵でしょ!それに優しいし、ドラミは働かなくてもいいって言ってくれてる」

ジ「あ、じゃあ注文入ったんで、ちょっと仕事行きますね。じゃあまた!」

そしてドラミちゃんと3人きりになった父と母にドラミちゃんはすごくすごく説得されるけれど恋は盲目、もう誰にも止められないドラミちゃんの恋の暴走、父と母が「結婚なんてしなくていいから考え直せ」と言ってきてもしばらくは結婚するスタンスでいる。という流れはどう?と私がドラミちゃんに提案してみました。

ただ、レンタル彼氏の用途としては間違ってますよね。ボロが出ると大変なので、ちゃんとうちの親が認めない感じを演じ切れる人が必要です。レンタル彼氏を調べてみると、皆さん端正なお顔をしているので、母の「イケメン」の項目に当てはまらない人を見つける方が大変かもしれません。それにうちの親との会食は絶対トラウマになるので腹を括ってもらわないといけないし、レンタル彼氏を続けられるかどうか、、タフな精神力が必要です。

最近のレンタル彼氏は、SNS用の写真も一緒に撮ってくれるようで、これならアリバイも完璧にできますよね。プランA、なかなか良さそうです。それともプランB…プランBに関してはまた次の独身大作戦で紹介したいと思います。