すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

第32回 コロナ飯

 

最近食料を買い足したので、冷蔵庫は潤っていますが、リーキを水にさしていたら、根が腐っていてめーっちゃ臭かったです。反省。

 

今日のコロナ飯です。

ブランチは簡単に済ませました。

f:id:deb-log:20200416071440j:image

ブルダックポックンミョン目玉焼き乗せ

チンゲンサイを炒めてインスタント麺と和えました。辛さ1倍の普通のやつはとても美味しいので、あっという間に完食してしまいました。

最早処刑には使えないほどにドエムッシュが慣れてしまったのでこれからどうしよう。。

 

晩ごはんです。

f:id:deb-log:20200416071611j:image

鮭とタラのホイル焼き

プッタネスカ

キャロットラペ(お惣菜)

 

鮭とタラのホイル焼きは、下にリーキを敷いて、塩とワインとディルをふりかけ、それにインゲンを添えて、オーブンでホイル焼きにしたものです。

よくおばあちゃまが作ってくれていました。鮭と玉ねぎと黒胡椒のホイル焼き。こちらは鮭が高いので、比較的お手頃なタラも追加して、玉ねぎの代わりにリーキ、黒胡椒の代わりにディルを使いました。とても洋風です。

プッタネスカはこれが3回目。本当に好きです。プッタネスカは娼婦風パスタと言われ、疲れた娼婦に精がつくようにとニンニクたっぷりなのだとか。コロナ禍が収まるまで専属娼婦業はお暇を頂いているので、今回も単に口の中がニンニクくさくなって終わりました。

 

ニンニクといえば、半透明のものが発見されました。

f:id:deb-log:20200416072934j:image

最近野菜の保存によるトラブルが散見されます。

上の写真のように、透明になったニンニクは、水分が多くなった状態なのだそうです。水分を飛ばせば大丈夫ということで、とりあえず油で炒めてみたら、透明から白?に戻りニンニクの香りもしていました。

長期間野菜を保存するに当たって、湿度や温度など、野菜によって色々と気をつけないといけないことが分かってきました。

最初から調べればいいのでしょうが、ズボラなもので。。4週間外出制限が延長されましたが、家事のレベルアップ目指して頑張ります!