すみれの部屋

おら海外さ来ただ!

フランスのお菓子

 

 

スイーツ大国フランス。

カロンやケーキは至る所で目にします。

 

今回は、日本では中々お目にかからないお菓子について。

 

すみれの砂糖漬というものをご存知でしょうか?

ネットでも色々な記事で取り上げられていますね。

これは南仏ではなく、フランスの真ん中に位置する、Toulouse (トゥールーズ)の名産品です。

日本でも購入することができるそうです。

 

しかし、トゥールーズ以外の場所にも、フランス人の日常にはスミレが隠れています。

 

f:id:deb-log:20191209170104j:image

 

これはスミレの飴です。

このような缶に入って売られています。

これは頻繁には見かけませんが、

お土産を取り扱っている雑貨屋さんなどでは見つけることができると思います。

値段は7ユーロ前後です。

 

f:id:deb-log:20191209170154j:image

 

スミレの形をしていて、袋にわっさと入っているのは圧巻です。

個包装ではないので、お友達に、同僚に、袋に手を突っ込んで飴を取ってもらうのが一番です。

 

フランスの飴は時々味のコンセプトに合わせてデザインされているものがあります。

蜂蜜の味なら蜂のデザイン

薔薇の味なら薔薇の花のデザイン

などなど、見ているだけでも楽しくなります。

 

そのほかにも、スミレのミントキャンディなんかもあります。

f:id:deb-log:20191209172515j:image

大体ボールペンの2/3くらいの大きさで、3ユーロ前後です。これは見つけやすいです。

日本でも900円くらいで輸入雑貨のお店での取り扱いがあるそうです。

薔薇とリンゴを合わせたような、爽やかで優しい甘さと香りが広がります。ミントの味はしないです。

中にはアニスシードが入っていて、リコリスやアニスが苦手な方は最後まで食べると、何とも言えない変な気分になると思います。

途中までは純粋にスミレの味を楽しめます。

 

ムッシュはスミレのシロップを飲んで育ったので、スミレ味が大好きです。

f:id:deb-log:20191209173315j:image

これは家に常備してあるスミレのシロップです。色々なブランドがありますが、これはお手頃なもので、700mlで3ユーロ前後です。

これも大きめのスーパーでは大体置いてるのではないでしょうか。

 

南フランスにもすみれの名産地があります。すみれのお菓子についてはこちらも是非!

Tourrettes Sur Loup のお土産紹介 - すみれの部屋

すみれのアイスクリーム - すみれの部屋

地中海沿いのすみれの名産地はこちらの記事で紹介しています!

坂の上の…? - すみれの部屋

 

スミレ大好きドエムッシュのいる我が家には欠かせないスミレのお菓子を紹介しました。

 

もし機会があれば試してみてください。